ロゴ作成会社を利用するための方法について

企業企業がロゴを作るメリットはたくさんあります。ロゴを作ることによって、印象に残りやすくなり、ロゴによって会社の理念やコンセプトなどを分かりやすく伝えることができます。ロゴがあることで商談が上手くいったり、会社の売上が向上するというケースもあるのです。このようにたくさんのメリットがあるため、多くの企業がロゴを作成しています。

会社のロゴは自分達で作るのは大変です。そもそもロゴを作るというノウハウがないという会社がほとんどでしょう。社内にデザインに強い人間がいない会社が多いでしょう。素人がロゴを作っても失敗してしまう可能性が高いです。そこでロゴ作成会社を利用することになります。ロゴ作成会社に任せることによって、しっかりとしたまともなロゴを作ってもらえるでしょう。それではロゴを作ってもらう際にはどのようにして業者を利用すれば良いのでしょうか。こちらではロゴ作成会社の利用方法について教えましょう。

ロゴ作成会社の選び見積りをもらう

ロゴ作成会社を利用したいならば、まずどの会社を利用するのか選ばなければいけません。候補はたくさん存在しています。さまざまな業者が存在しているため、その中から希望に合った業者を選びましょう。たとえば明朗会計を実施していて、デザイナーの質が高くて、実績のある業者が良いでしょう。その他希望する点や重視する点を満たしている業者を探しましょう。

また、業者を利用する際にはまず見積りをしてもらうことが大切です。見積りをもらうことによって、どのくらいの料金がかかるのかを把握することができます。業者ごとに料金設定は大きく異なっているため注意しましょう。また、追加料金が発生しないことも確認しましょう。修正をしてもらう際に何回までならば無料でしてもらえるのかも大事です。回数制限が設けられていて、それ以降は追加で費用がかかってしまうこともあるため気をつけましょう。

打ち合わせをする

打ち合わせロゴ作成会社を利用する際にはまず打ち合わせをすることになります。これから作ってもらうロゴについて、具体的にどのようなものをデザインしてほしいのか打ち合わせの際に希望を伝えていくことになるのです。この打ち合わせはとても重要であり、このときにしっかりと希望を伝えておかないと、提案してもらったデザインを何度も修正してもらわなければいけなくなります。余計な時間とコストがかかってしまうため、打ち合わせの段階で業者と考えを共有しておくべきです。

たとえば企業やブランドなどについてしっかりとコンセプトを伝えておきましょう。会社の事業内容や競合他社、あるいは将来像などできる限りの情報を伝えておくと良いでしょう。そうすることによって、どのようなロゴにするべきなのかデザイナーが考える際の材料が増えていきます。もしロゴについて具体的なイメージを持っているならば、それについて伝えておくと良いでしょう。

修正をしてもらう

ロゴ作成会社との打ち合わせを終えたならば、実際にデザインを作成してもらい、それを提出してもらいます。ただし、それがすぐに通ることは少ないでしょう。どんなにしっかりと時間をかけて打ち合わせをしたとしても、必ずどこかで不満を感じたり、直してもらいたい部分が出てくるものです。そこで修正をしてもらうことになります。何度も修正を繰り返してもらいながらより完成度の高いデザインを目指していきます

修正の際には追加費用に注意しておきましょう。何回までの修正ならば無料でやってもらえるのかを確認しておくべきです。多くの業者では何度かの修正であれば無料で対応してくれるところが多いです。ちなみに「ビズアップ」というロゴ作成会社は5回まででしたら無料で修正してもらえます。

ビズアップでは、基本ルールとして「修正は5回まで無料で対応」とさせていただいています。

デザインについてはどこかで妥協しなければいけないことが多いでしょう。何度も修正したとしてもキリがないからです。ただし、どうしても納得できない部分があるならば、最悪の場合はそのロゴデザインを却下するようなこともあるでしょう。たとえお金が余計にかかったとしても、一定水準以上のロゴデザインを作ってもらうことには意味があるのです。

納品してもらう

最終的に修正を終えて納得できるデザインが完成したならば、それを納品してもらうことになります。基本的にロゴデザインの納品はデジタルデータを受け取ることになります。依頼をする際にどのようなファイル形式で納品してもらうのかは決めているものです。いろいろな形式から選べる場合もあります。実際にロゴを活用する際に利用しやすい形式のデータで納品してもらいましょう。

業者によっては作ったロゴをプリントしてくれるところもあります。たとえば名刺や封筒などにロゴを印刷してくれるのです。このようなサービスを行っている業者であれば、ロゴデザインを納品してもらうのと同時に、名刺や封筒などにロゴがプリントされたものも納品してくれるでしょう。作ってもらったロゴをすぐに活用することができるため、とても便利です。

まとめ

成立ロゴ作成会社を利用するならば、まずは良い会社を選ぶことから始めましょう。その際には実績や料金表示の明朗さなどを重視すると良いでしょう。気になる業者があるならば見積りをもらいましょう。そして、実際に利用する業者が決まったならば、その業者から見積りをもらうことになります。これによってどのくらいの費用がかかるのかが分かります。納得できる価格でロゴの作成をしてくれる業者を利用するべきです。

利用する業者が決まったならば、打ち合わせをすることになります。打ち合わせの際にはできる限りの情報を伝えるべきでしょう。どのような会社であり、どんなサービスや製品を展開しているのか、会社の理念やコンセプトなどについても伝えるべきです。そうすることによって、デザイナーがロゴデザインを作る際の参考になる情報が増えます。

実際にデザイン案をたくさん出してもらうことになり、それを修正してもらいながら完成を目指すことになります。最終的にロゴデザインが完成したならば、それをデータとして納品してもらうことができます。ロゴデザインをプリントした封筒や名刺などを作ってもらうことも可能なため、そちらの方もチェックしておきましょう。このようにしてロゴデザインを作ることができます。